主婦でもキャッシングを申し込めるのか

家庭の主婦であっても、パートなどで収入がある人ならキャッシングの申込は問題なくできます。パート収入から融資限度額を算定するので、融資条件としては不利なものになってしまう可能性はありますが、主婦だから申し込みができないという事はありません。 しかし問題は専業主婦の方です。給与収入がなくても、配当収入や不動産収入があれば、これも定期的な収入と判断してもらえますからカードローンの申込は可能です。しかし、他の専業主婦の場合、収入がありません。このような場合はどうなのでしょうか。 消費者金融の融資条件として「定期的な収入があること」と書かれていることが多いです。貸金業法でも年収の3分の1と限定しているので、消費者金融で借りることは無理でしょう。しかし、最近は銀行で「専業主婦でも契約できます」という主婦OKのカードローンがあります。 審査が厳しいはずの銀行が、消費者金融でも貸さない相手にお金を貸すのかと不思議に思われるかもしれませんが、銀行側は専業主婦にお金を貸すとか考えているのではなく、その旦那にお金を貸していると考えているのです。銀行のキャッシング審査は不思議なもので、ある程度の取引履歴や取引量があれば審査が緩くなるのです。この場合も、旦那がその銀行で給与振込をしていたりすれば、旦那に在籍確認などをするまでなく勤務先も年収もわかります 後は、専業主婦と旦那の信用情報を照会することで、融資可否を決定することが可能です。利用限度額は低くなりますし利率も高くなりますが、契約ができないというわけではないのです。

⇒主婦でもお金を借りる

カードローンの種類

カードローンとはローンカードを利用して、銀行やコンビニに設置してあるATMから融資を受けるローン商品のことです。最初の契約時に決められたキャッシング限度額の範囲内であれば、何度でも借入と返済を繰り返すことができます。一般的に無担保なので金利は高く、融資限度額が低いカードローンの場合は金利面で不利になるので、できる限り1社にまとめて規模の大きなカードローンにしたほうが有利です。 カードローンは、提供している金融機関によって2つに分類することが可能です。1つは銀行であり、もう1つは消費者金融や信販会社です。両者の違いは貸金業法の影響を受けるか否かという点と、資金調達方法の違いです。現在消費者金融や信販会社は貸金業法の規制により、年収の3分の1を超える融資ができなくなっています。そして、自ら資金調達をすることができないので、銀行からの借入資金で顧客に対して融資をしています。 これに対し、銀行は貸金業法の影響を受けません。そのため銀行独自の審査マニュアルに沿った融資限度額の設定が可能です。大企業の正社員の方などで信用がある人であれば、融資限度額は年収の3分の1を超えることがあります。また、銀行は「預金」という方法で信じられないほどの低利率で資金調達ができます。そのため、消費者金融などに比べて低利率での融資が可能になります。それでも資金調達にほとんどコストがかからないので、コンビニATM利用手数料を無料にする等のサービスが可能になるのです。

キャッシングの金利の決定方法

キャッシングの金利は融資限度額と反比例しています。信販会社の中には最高融資限度額と最低利率を宣伝文句としているケースがありますが、あの条件に当てはまる人はごく少数です。実際の融資限度額は、年収の3分の1程度、利率はそれに対応するものが定型的に当てはめられます。 このようにカードローンの金利は、融資限度額にリンクしていますが、これは多く借りてもらえるから金利を安くしようという「大口優遇」の考え方と、融資限度額を高くできる人は信用があるから、貸し倒れに備える必要性が低くて済み、利率の内に占める保証料相当の部分を減額しても大丈夫だという2つの側面があります。いずれにしても、融資限度額を少しでも上げることが金利を低くする秘訣です。 キャッシングの金利はすべての金融機関で同じではありません。お金を供給するのは、預金を集めている銀行であり、銀行のカードローンは貸付のためのコストが一番低いです。次にコストが低いのは大手消費者金融で、企業自体に信用があるため比較的低利での貸付を受けることが可能です。そして、中小の消費者金融が一番高い金利で銀行からお金を借りることになります。利息を受け取ることが商売である金融機関ですが、資金調達のための支払利息はコストなのです。 当然のことですが、コストが低い銀行はキャッシングの金利も低いです。そして消費者金融はもっと高いのですが、大手の方が比較的低く、中小の場合はどうしても高くなってしまうのです。

キャッシングの返済方法

キャッシングの返済方法は毎月の定額返済と随時弁済の2種類があります。カードローンの契約では、毎月一定額を返済することになっているはずですが、これが定額返済です。定額返済はカードローンの融資残高に応じて変わり、その返済額はその金融機関で設定している大体一番高い金利を適用している利息の金額に合わせていることが一般的です。 そのため、毎月定額の返済をしているからカードローンの返済のことは考えなくてもいいと思っている人は、残高がほとんど減りません。利息支払ですべて消えているのです。元本を返済しようとしたら随時弁済の方法を取るしかありません。 カードローンのような金利の高い借入をしたら、できるだけ早期に元本を返済することが必須です。キャッシングの利用シーンとして多いのは、給料日前ですしょう。この場合、借りた金額を給料日になったら全額返済して残高をゼロにすることが大切です。また、最近はリボ払いの利率が高いため、クレジットカード払いを1回払いにして、支払日になったらカードローンでキャッシングする利用方法も増加しています。さすがにこの場合は給料日に一括弁済ということは難しいでしょうが、カードローンの利息は日割計算のため、できれば普通預金口座の全額をいったん返済し、クレジットカードなどの引落日の都度、再度キャッシングして自分の銀行口座に入金すると、金利の支払額は最低限になります。 ちょっと極端な方法かもしれませんが、少しでも金利負担を少なくして、完済までの期間を短くするのがキャッシング利用の鉄則なのです。このようにすることで、カードローンの欠点である金利の高さという問題を解消することができます。

カードローンの特徴

カードローンは、キャッシング商品としては非常に優れた商品です。利用者としては利用限度額の範囲内とはいえ、何度でも利用と返済を繰り返すことができます。借入の都度、銀行や消費者金融の店舗などで手続をすることを考えたら利便性の高さは言うまでないでしょう。 当然、逆の立場として金融機関側も手間がかからない貸付の方法といえます。貸付は審査を必要としますから、その手間が省けるだけでも金融機関側としては大助かりなのです。利用者も金融機関側もメリットがいっぱいのカードローンが現在のローン商品の主流になっているのはある意味当然です。 ただし、カードローンにも欠点があります。商品性としては優れているのですが、肝心な利用者が借金をしているという意識を失いがちだという点です。これは利用者の意識に訴えるしかないのですが、銀行のキャッシュカードもローンカードも同じコンビニATMから出金できるので勘違いしてしまいがちなのです。カードローンの契約をしてついつい使いすぎてしまい、返済に窮する人が案外多いのですが、ギャンブルなどに使ってしまうことが多いのも自分のお金と他人のお金の区別がつかなくなることがひとつの原因だと言われています。 カードローンの利率は、他の有目的ローンに比べて高いのも欠点です。しかし、この点は借りるタイミングを1日でも遅らせて、1日でも早く随時弁済するという心がけをすれば対処できます。利用者の心がけひとつで性格が変わるのがカードローンの最大の特徴だといえます。